みんなのニュース 情報局

気になるニュースを投稿していきます。 <スポンサードリンク>
 

過去ログページ

2014年02月28日

ビットコインのMt.Gox(マウントゴックス)が民事再生を申請したらしいんですが、何が起こったんですか…?

<スポンサードリンク>







2月28日に、世界最大規模のビットコイン取引所「Mt.Gox」を
運営するMTGOX(マウントゴックス)は東京地裁に
民事再生法の適用を申請し、受理されたと発表した。
負債は約65億円、約26億円の債務超過に
陥っていたそうです。

そもそもビットコインって何だ…?
という人のために解説すると、
ビットコインはネット上の仮想通貨です。
各国の通貨と両替することができます。

ビットコインで直接ものを買うこともでき、
ビデオゲーム、ギフト商品、本、などを
直接購入できます。

Wordpressのように、
決済にビットコインを使えるところもあります。

このビットコイン、最近では投機マネーが
流入していたらしく、ビットコインの取引所では
値動きが激しいのが特徴だったようです。

それで、マウントゴックスに何があったかというと、
サイバー攻撃を受け、ユーザーが預けていたビットコインの
ほぼすべてがなくなっている可能性がある
と判明したようです。

Mt.Gox(マウントゴックス)は、昨年5月ごろから数回にわたって
サイバー攻撃を受けていました。
今年2月7日からビットコインの引き出しを停止し、
その後の調査で、ユーザーが預けていた約75万ビットコインと、
同社が保有する約10万ビットコインほぼすべてがなくなっている可能性がある
ことが、
2月24日ごろまでに判明したということらしいです。

今回の事件に関しては、
関係する各国の省庁が調査に入っている模様です。
日本でも関係省庁が調査しているようですし、
アメリカでは他のビットコインの取り扱い業者に対して
調査の召喚状をだしたらしいです。


マウント・ゴックスは、ビットコイン最初期から存在し、
当初から利用者の間では不満の声が上がっていました。

ただ同時に、マウント・ゴックスは長年にわたり、
ビットコインの世界においては「汚れたシャツの中では一番きれい」であり、
歴史的にビットコインの取引では大きなシェアを占めていたようです。

さて、このMt.Gox(マウントゴックス)はどうなるかというと、
負債は債権者の過半数の同意が得られれば、
債権者がおまけしてくれることで大体5分の1くらいにしてくれます。

取引方法はその後現金取引になりますが、
会社業務としては通常通りやっていくことになります。
一旦は大騒ぎになりますが、それも1週間程度で
おさまり、いつもと変わらぬ業務ができるようになります。

しかしこの先同じことをやっていたのでは、
またいずれ倒産の危機にさらされてしまうので、
けっこうな努力が必要となります。

今回の事件に対しては、
政府の保護している取引に入っていないため、
補償の対象外となっているケースも
多々あるかもしれません。

今回の事件は規模の大きなものであるため、
ビットコインを使っていたユーザーさんに
できるだけ被害の少ないように解決してほしいと思います。

今回の事件が平和裏に、
解決することをお祈りする次第です。

<スポンサードリンク>





posted by カッピー at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。